【妊活のために出来ること】自分のカラダのことを知ろう〜月経〜

《月に1回のブルーデーをハッピーデーへ》

さて、今回は「生理」について。

あなたにとって生理時期は、ブルーデー? それとも、ハッピーデー?

きっと多くの方が「ブルーデー」と答えるのではないでしょうか…。

TVや雑誌でも謳ってますもんね。

だって、お腹痛いし、気持ち悪いし…

中には何も手につかなくなる方もいらっしゃいますよね…

もう、生理なんてなくなればいいのに…

そう思っている方もいらっしゃるかと思います。

ちなみに私は、ハッピーデー。

だって、女性にしかない月に1回のデトックスデーだし、新たに妊娠のチャンスがやってきたわけです!

妊娠以外で、生理が来なくなることの方が私にとってはブルーデー。

私にとって生理とは、「月に1回のカラダの通知表」と思っています。

その時の生活スタイルがそのまま反映されます。

生理痛や塊があれば、「カラダを冷やし過ぎたな…」と気づきますし、血液の色や状態で、「外食や油物が多かったな…」、ダラダラ続いたときは「寝不足が続いたしな…」などなど、ご自身で原因が見つかるはず。

その気づきをまた1ヶ月意識して過ごしたら、どんどん改善していきませんか?

実際に、トラブルなく、サラサラ経血で、数日でピタッと終わったら、今月はがんばったなって自分を褒めてあげたくなるし、次の生理がまた楽しみになります。

ベビ待ち中の方であれば、もしかしたら、コウノトリが来てくれるのが待ち遠しくなるかも?

《生理はカラダからの月に1回の通知表》

その前に、みなさんは、ご自身の経血をしっかり観察していますか?

意外と見ていない方も多いのでは!?

ぜひ、まずはご自身の経血状態をしっかり観察してみてください。

そして、ご自身のカラダの変化にしっかり目を向けてください。

基礎体温と共に記録することも出来ます。

ご自身の生理周期や生理日数も記録してくださいね。

こういったことすべてが、今のカラダの状態を現しているのです。

また、ベビ待ち中の方にとっては、生理が来る度にがっかりしますよね…

私も始めはそうでした。

このまま妊娠出来ないのかな…と思ったこともあります。

ですが、生理は「カラダの通知表」です。

もしも生理が来てしまったら、やり直せるチャンスがやって来た訳です。

「また妊娠出来ない…」

と考えるのと、

「これを改善したら、次こそ妊娠出来るかも…」

あなたならどちらが妊娠への近道だと思いますか?

そして妊娠が分かった時は、あなたの頑張りが実を結んだことになります。

さあ、生理を見直してより妊娠へ近づきましょう。


募集中の講座

妊娠力を底上げして赤ちゃんを迎えたいあなたへ。産前カラダリズムメソッドのご案内です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です