【妊活のために出来ること】もしも妊娠しているとしたら〜食べ物〜

《もしも妊娠していたらどんなことに気をつけて食べ物を選びますか?》

もしも、今妊娠していたら、あなたはどんな食べ物を選びますか?

私達のからだは日々の食べたものから出来ています。

その食べ物で赤ちゃんのからだも出来ていきます。

と思ったら、なるべくからだに良いものを…と考える方が多いと思います。

からだに良い食べ物って何だろう?》

一番始めやすいのは、旬のものをバランス良く食べること。

旬のものは一番栄養価が高いですし、やっぱり美味しいですよね

美味しく食べる、これも大切なことです。

なるべくなら、手作りのものを毎日食べていただきたい。

ただ、仕事をされている妊活の方は、そういうわけにはいかないこともありますよね。

お付き合いで外食が続く日もあるでしょう。

楽しい外食は思い切り楽しんでください。

ですが、外食ばかりは要注意。

カロリーが高いですし、バランスが偏りがちになります。

外食が続いたら、しっかり自宅の食事でバランスを整えましょう。
1日○品目食べなきゃ…などストイックになる必要はありません。

出来たら3食で主食、副食などのバランスを整えられたらベスト。

難しい方は、1週間の食事のバランスを意識してみてください。

意外と偏りが見つかるはず。

それも難しいと思う方は、これだけは気をつけていただきたい。

コンビニやお惣菜はなるべく避ける!

外食よりも要注意です。

一人暮らしの方で、コンビニやスーパーのお惣菜で済ませてしまう方、意外と多くないですか?

実はこれらの食事と不妊は、切り離せない関係性があると言われています。

また外食も、ファミリーレストランやファストフード、チェーン店などもコンビニやお惣菜と一緒と考えましょう。

お惣菜でも毎日手作りして提供してくださるようなお店であればいいですよね。

食事を変えるってなかなか難しいかもしれませんが、一番大事なこと。

ですので、妊娠してからでは遅いと私は思います。

妊娠前から意識しておく必要があると思っています。

男性は、パートナーからの手作りのごはんはうれしいものです。

少しずつでいいので、楽しく一緒に食事を見直していきましょう。


募集中の講座

妊娠力を底上げして赤ちゃんを迎えたいあなたへ。産前カラダリズムメソッドのご案内です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です